アパトサウルスにタッチして証明書をもらおう

月光天文台では、珍しいアパトサウルスの化石にタッチすると

「アパトサウルス・タッチ証明書」をもらえるよ。

目印はこちら↓↓2Fジオワールドで探してみよう☺️

アパトサウルス(学名:Apatosaurus)は、中生代ジュラ紀後期 (約1億5,200万 ~ 約1億5,000万年前)の北アメリカ大陸に棲息していた、竜盤目 – 竜脚形亜目 – 竜脚下目 – ディプロドクス科の大型草食性恐竜の一種(1属)。

シノニム(異名)の1つに有名なブロントサウルス (Brontosaurus) がある。学術的でない言い回しをするなら、かつては学名を Brontosaurus とされ、日本語では「ブロントサウルス(さらに古くは、ブロントザウルス)」「雷竜(かみなりりゅう、らいりゅう)」などの名で呼ばれていた恐竜である。

全長は約21 – 26m、体重は推定方法によって幅があるが、約24 – 32tという見積もりがある。群れを成して移動し、森林の木の葉を常食していたものと考えられる。Wikipediaより

 

 

おすすめ

Translate »