【天体観測】火星、すばる、おうし座、

  1. おうし座のヒアデス星団とプレアデス星団(すばる)の間に火星が巡っている

〔露出4秒、6秒、10秒×6 8コマ合成〕

プレアデス星団(プレアデスせいだん、Pleiades )は、おうし座の散開星団である。メシエカタログでの名称はM45。和名はすばる。 冬を中心に秋から春先にかけて観測できる。肉眼でも輝く5–7個の星の集まりを見ることができ、双眼鏡で観測すると数十個の青白い星が集まっているのが見える。

プレアデス星団の名前は、ギリシア神話に由来し、巨人アトラースとニンフのプレーイオネーの間に生まれたプレイアデス7人姉妹(アステロペー、メロペー、エーレクトラー、マイア、ターユゲテー、ケライノー、アルキュオネー)を指している。プレイアデスは女神アルテミスに仕えていた。 

古代中国の星図ではプレアデスを表す「昴」は7つとされ、日本では六連星(むつらぼし)の名がある。 

 

  1. オリオン座とおうし座

〔露出4秒、8秒、10秒×6 8コマ合成〕

 

 

 

  1. 広角レンズで捉えたおうし座からおおいぬ座まで

〔露出4秒、8秒×2、10秒×8 11コマ合成〕

 

 

 

〔撮影データ〕 2021年3月10日(水) 宵

(1)19:22~19:23  F5.6 f55mm

(2)19:24~19:26  F4.5 f18mm

(3)19:32~19:35  F4.5 f10mm

〔共通〕Nikon D5600(ISO3200)

ポラリエ・恒星追尾 コンポジット トリミング

画像処理:ステライメージ8、Photoshop CS5

〔撮影地・沼津市/静岡県〕

〔アストロ・リサーチ・クラブ〕

 

おすすめ

Translate »