【ショップご案内】3Dクリスタル  H-IIBロケット, 国際宇宙ステーション

月光天文台の1Fのショップのご案内。

H-IIBロケットと国際宇宙ステーションの3Dクリスタル を販売しております。

とても精巧な作りです。

H-IIBロケット(エイチツービーロケット 、エイチにビーロケット、H2Bロケット)は、日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業が共同開発し三菱重工が製造及び打ち上げを行った、宇宙ステーション補給機打ち上げ用液体燃料ロケットで使い捨て型のローンチ・ヴィークル。
日本の衛星打ち上げの自律性をになうロケットとして基幹ロケットに位置づけられる。
H-IIAロケットの設備と技術を使い、H-IIA以上の能力を持つロケットとして日本で初めて官民が対等な関係で開発したロケットで、第1段エンジンを2基束ねた日本初のクラスターロケットでもある。 2020年5月の9号機を持って最後の打ち上げとなった 。
Wikipediaより

 

国際宇宙ステーション(こくさいうちゅうステーション、英: International Space Station、略称:ISS)

アメリカ合衆国、ロシア、日本、カナダ及び欧州宇宙機関 (ESA) が協力して運用している宇宙ステーションである。地球及び宇宙の観測、宇宙環境を利用した様々な研究や実験を行うための巨大な有人施設である。地上から約400km上空の熱圏を秒速約7.7km(時速約27,700km)で地球の赤道に対して51.6度の角度で飛行し、地球を約90分で1周、1日で約16周する。なお、施設内の時刻は、協定世界時に合わせている。

1998年11月20日から軌道上での組立が開始され、2011年7月に完成した。
当初の運用期間は2016年までの予定であったが、アメリカ、ロシア、カナダ、日本は少なくとも2024年までは運用を継続する方針を発表もしくは決定している。
運用終了までに要する費用は1540億USドルと見積もられている。
Wikipediaより

 

 

 

 

月光天文台が監修した「太陽 月 星のこよみ」カレンダー も大人気です。

 

1Fショップにて販売しております。

よろしくお願いいたします。

おすすめ

Translate »